🐈

Blue blue

「水曜日のネコ」から生まれた、「Blue blue」

Beagles の”Blue blue”はヤッホーブルーイングのビール、水曜日の猫からインスピレーションを得て作られました。

水曜日の猫は心と体をほっと緩めてくれるような、爽やかで優しい飲み口のペルジャンホワイトエールですが、

”Blue blue”も誰かの心にそっと寄り添えるような優しい楽曲であれたらと私達は考えています。

Beagles - Blue blue (Bandcamp)

Blue blue の歌詞

今日はどこか寂しそう
まるでここにいないみたい
青い青い雨に打たれ、街は沈む
白い白い水曜日と君

流れる月日に身を任せられたらいいのに

泣きそうだ、伝えられなくて
霞んだこの街みたいだ

いつも何か足りなくて
まるでここを離れたいみたい
青い青い雨に打たれ、街は沈む
白い白い水曜日と君

流れる月日は誰かを癒やしてくれるの?

泣きそうだ、伝えられなくて
霞んだこの街みたいだ
水曜日、窓辺で眠ろう
白朝夢、すべてを包んで

流れる月日は誰かを癒やしてくれるの?
泣きそうだ、伝えられなくて

泣きそうだ、伝えられなくて
霞んだこの街みたいだ
水曜日、窓辺で眠ろう
白朝夢、すべてを包んで

Blue blue のサウンド・楽曲制作過程について

The Fantastic Escapeは日本のビール醸造所『ヤッホーブルーイング』から多大なるインスピレーションを得て制作されていますが、このアルバムにはもう一つ Beagles としての裏テーマを設けて、制作に取り組みました。

それは日常の生活音を取り入れて楽曲を制作するということ。

日常の音で音楽は作れるのか?

このテーマに向かって極端に振り切った楽曲が Beagles には存在しています。

Beagles - Coffer plus (Youtube)

Beagles - 20%off (Youtube)

これらの楽曲は文字通り、声と日常の音のみで構築されています。

例えば Coffee plus のベース音はお腹がなる音を加工してベースとして用いています。

私達はこの時期楽器という概念を本気で拡張する試みを行っていました。音が鳴るもの全てを楽器として用いることで面白い音楽が作れるのではないだろうか?と。

そしてその実験とポップへの回帰、ビールのテーマソングを作るという、ある種のクライアントワーク的発想を取り入れることにより、The Fantastic Escape を日常音のサンプリングを用いたポップアルバムとして消化することに成功しました。

雨の音を中心に心地よいアンビエンスを作る

”Blue blue”では雨の音を中心にしたアンビエンスを作成し、全体的な音響の土台としています。

当時我々は様々な国の民族音楽にも傾倒しており、民族音楽の裏側にあるどこか静寂を感じさせるアンビエンスを再現できないかと考えていました。具体的には民族音楽に感じるような音響を作り出したいと考えていたのです。

それは静寂と同時にビートを感じさせるものであってほしいと我々は考えました。

そこでボールペンなどで机を叩く音、手で壁を叩く音、本の表紙を撫でる音、床を歩く音、手と手を合わせる音などなど、物と物が触れ合うことにより発生する音を何種類かサンプリング・ミックスし、やわらかな雰囲気のビートを作りました。

そのビートを雨の音と混ぜ合わせることで、全体的にソフトな雰囲気の音響を作り出すことに成功しました。

一部タンバリンなどの楽器も使われていますが、この曲では基本的にサンプリングビートが、ビートの中心として機能しています。

そこに生ベースを絡め、余韻を切ったピアノやいくつかの楽器で味付けを行い、曲の大半は完成しました。

歌メロとコード進行の制作過程について

以上のように、サンプリングに関してはそれなりに入り組んだ制作過程を経ていましたが、楽曲のメロディーと歌詞に関しては、サンプリングビート作成に比べるとだいぶ楽なものでした。

もう過去のことなので正確には覚えていませんが、たぶん私はこの曲のメロディーと歌詞を1〜2時間ほどで書ききることができたと記憶しています。

水曜日のネコを通じて楽曲のイメージがすでに固まっていたというのも大きいかもしれません。

私はこの曲の穏やかながらも、切ないメロディラインがとても気に入っています。

水曜日のネコ好きにオススメのビール 🍺

私自身、ビールは大好きなので、誠に勝手ながら水曜日のネコが好きな方にオススメのビールを下に書かせてもらいます。

クラフトビールは音楽との相性も抜群です!

(個人の好みによるので合うかどうかはさておき、知らない方は是非試してみてください ☺️)

Blue Moon

水曜日のネコが好きな方には絶対におすすめできるビール、それが Blue moon。
水曜日のネコと同じくベルジャンホワイト製法でベルギー産小麦を用いた伝統的なビールの醸造技術に加えて、オレンジピールとコリアンダーを使っているところも共通点が多いですね。
柑橘系の甘み・香りと、全体的に軽く飲み易い爽快な喉越しのブルームーン、ぜひビーグルスの Blue blueとも一緒に楽しんでいただけたらと思います。

Hoegaarden White

日本でも比較的知名度が高めの、ヒューガルデン・ホワイト。
水曜日のネコと同じくベルジャン・ホワイトタイプのクラフトビールで、オレンジピール、コリアンダーシードなどのスパイスが使用されているのも似ているところ。
これも爽やかな飲み口とスパイシーかつ柑橘系の香りが心地よく、特に夏の時期などには昼間から飲みたくなる1本です。

文: Yuki Shindo

「Blue blue」も収録されている「The Fantastic Escape」 は Bandcamp から無料でダウンロードが可能です。

Beagles - The Fantastic Escape

また、Beagles の The Fantastic Escape はストリーミングサービスからも配信しています。

下記のリンクをクリックすると、それぞれのサービスから Beagles の The Fantastic Escape を聴くことができます。

Apple Music

Spotify

Youtube Music

Amazon Music






メンバー流動型・男女混声サイケポップグループ。J−WAVEでの楽曲オンエアや、ファッションブランド『FRED PERRY』の店舗内BGMとして楽曲が使用されるほか、国内外のミュージシャンや映像作家とのコラボレーションも積極的に行う。